絶賛!巣篭もり中!

インドアヲタクの日々です。主に4コママンガなどの感想などをつらつらと書き連ねていきたいと思います。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「友達100人できるかな」

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

友達100人できるかな~♪

自分なんかの小学校入学の時には必ず歌われたものです。


友達100人1 友達100人2 友達100人3

その歌詞を真っ先に連想されるタイトル。
「友達100人できるかな」とよ田みのる先生の作品です。

とよ田先生といえば初連載「ラブロマ」でがっちり読者の心をわしづかみにしたつわものです。
ラブコメでありながら、読者を選ばずにファンを得たなかなか類を見ない作品でした。

この作品は今までの高校生から主人公を一気に社会人まで上げて、
仕事(教師)、家庭両方を持つ男性にしました。

で、初回いきなり宇宙人が襲来して地球滅亡の危機になります。
いきなりです。ほんとに。
にもかかわらず、あっさりとした状況をとよ田先生は演出します。
一応宇宙人の技術で落ち着いていると言う設定なのですが、
冷静な熱意と言うのでしょうか、「ラブロマ」からのとよ田ワールドです。

で、人間の「愛」を立証をするため主人公「直行」は小学校3年生になります。
その手段が友達100人を作ること。

最初大人目線で友達を作ろうとしますが、うまくいきません。
試行錯誤の末真正面からぶつかることで、友達を作ることになっていきます。
とはいえ「大人として」真正面からぶつかる。ここがこの作品のキモだと思います。
感情を理性で消化してから行動に移す。そのプロセスを自分は楽しんでいるのだと思います。

作品中に子供視点と直行の大人目線が同時展開されていますが、
双方の視点をそれぞれ自分の中で消化できるのも演出の妙だと思います。

それと当然30半ばのおっさんには80年代の時代背景は
読んでいて楽しくて、楽しくて!
昔に戻って人生やり直したいとはおもいませんが、
子供のころの時代にもどって、いろいろな場所に行って見たいというのはあります。
観光地などの有名どころでなく、スーパー、商店街、デパート。
当時の消費文化に今もう一回触れては見たいなとは思います。

読めば読むほど楽しむことのできる作品だと思います。



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

量産型砂ネズミ

Author:量産型砂ネズミ
アラフォーオタ。人生快楽に費やす人間です。マンガ、特に4コマとかを好んで読んでいます。サイン会、同人イベントもチョコチョコ参加しています。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。