絶賛!巣篭もり中!

インドアヲタクの日々です。主に4コママンガなどの感想などをつらつらと書き連ねていきたいと思います。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「わさんぼん」佐藤両々先生

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

久々に漫画の紹介です。

わさんぼん

両々先生の代表作「そこぬけRPG」のゲボキュー同様、業界ルーキーの草太主人公です。

ゲボキューにはカナさんという壁があり、しかもこの壁は立ちふさがるだけでなく、攻撃もしてきます。

草太にはカナさんほど強烈な個性をもった壁は出てきません。
その代わり「和菓子作り」という伝統が大きな壁になります。

期待をもって京都の老舗和菓子屋「桜屋」に就職したとたん、今までの自信を粉みじんにされます。
しかし両々先生自身が「アホ」と明言しているので、おちこんで鬱々とすることなくさっと立ち直ります。

目指すべき目標を立て、道草を食いながらも努力を惜しまない。
いい子属性を持っていながら、頭と口がつながっているなどの残念な部分がコメディとしてうまく働いています。
両々先生は男に人気がない書いてましたが、自分はこの「アホの子」が好きです。

ともに修行のみである跡取り息子萩とのライバル関係が草太からのではなく萩から、
そして草太が評価している今までの経験を、萩がたいしたことではないと思っていることで、
萩自体「妹思いのバカ兄」から一段男を上げることになりました。

両々先生の作品ではアクティブな女性が登場しますが、「わさんぼん」では一歩ひいています。
草太のヒエラルキーでは女将さんがトップに君臨していますが、その力は抑止力に大きく割かれています。

一巻終了時にはまだ恋愛要素は控えめですが、連載中では人間関係に変化が出てきました。

草太も言ってますが、最高級のあんこは本当においしいです。
昔場違いなパーティーに参加したとき食べた和菓子は、衝撃的においしかった。
そんな和菓子のいろいろも読んでいて楽しい作品です。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

量産型砂ネズミ

Author:量産型砂ネズミ
アラフォーオタ。人生快楽に費やす人間です。マンガ、特に4コマとかを好んで読んでいます。サイン会、同人イベントもチョコチョコ参加しています。

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。