絶賛!巣篭もり中!

インドアヲタクの日々です。主に4コママンガなどの感想などをつらつらと書き連ねていきたいと思います。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孔明への愛は無限大 「杜康潤のトコトコ三国志紀行」 感想

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

三国志への孔明への愛を無限に注ぐ杜康潤先生の三国志本
「杜康潤のトコトコ三国志紀行」が発売になりました。

トコトコ三国志紀行 1

表紙からして丞相への愛が込められています。

三国志ファンは日本に数多いますが杜康潤先生の三国志にかける情熱は並ではありません。
聖地巡礼という言葉がありますがありますが、杜康潤先生の場合は桁が違います。

トコトコ三国志紀行 2

旅行した距離6万キロ。およそ地球を1周半。
三国志ファンを自認する人でここまで実行する人が日本に何人いるでしょうか?
しかもツアー旅行より一人旅が多いって!
この本のレポートも先生個人の旅行を元にしています。
写真も先生が撮影したものです。

トコトコ三国志紀行 3

ホントに行動力があるわ~。
正直異国の地で一人旅とか怖くてできない小心者です。
一人旅が出来る時点で五体投地できます。

孔明が祀られている武候祠にいたっては1回行ったどころの話ではありません!

トコトコ三国志紀行 4

観光地以外に孔明の名がついたところがあれば、20時間以上かけてそこまで行ったり、
時間がないときには個人的にガイドさんを雇い一日で回るだけ回ったりと、
観光という言葉では言い表せれないです!
孔明北伐の終焉の地、五丈原の回は特に深い愛を感じました。

トコトコ三国志紀行 5

中国における三国志関連の史跡や観光スポットの空気感を感じられます。
そして、あの曹操の墓のレポートも読めます。
なんというかさすが杜康潤先生だ!

トコトコ三国志紀行 6

そんな先生コミック発売日である昨日に

杜康潤 ‏@toko_wanko

中国に旅立っていました!スゲーよ先生!

今回は「孔明のヨメ。」の舞台襄陽へ行くみたいです。

杜康潤 ‏@toko_wanko

アクティブ!

先生の孔明を主人公にした作人
「孔明のヨメ。」
絶賛発売中です。
感想記事も書いています。

「孔明のヨメ。」1巻 杜康潤先生 発売

この作品も三国志に無限の愛を注ぐ、先生の心意気を感じる本です。
三国志ファンは読むべし!
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

量産型砂ネズミ

Author:量産型砂ネズミ
アラフォーオタ。人生快楽に費やす人間です。マンガ、特に4コマとかを好んで読んでいます。サイン会、同人イベントもチョコチョコ参加しています。

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。