絶賛!巣篭もり中!

インドアヲタクの日々です。主に4コママンガなどの感想などをつらつらと書き連ねていきたいと思います。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「14歳の恋」2巻 水谷フーカ先生 感想

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

14歳という年齢にスポットを当てるのは、混沌とした何かを経験した事を覚えているからかな。

14歳の恋2巻

水谷フーカ先生の「14歳の恋」2巻発売になりました。

主人公田中彼方と吉川和樹は周りと比べると大人っぽい。
そう思われているがゆえに、大人っぽいことを少しづつ演じてきた。
二人だけでいる時だけは子供っぽいことを見せ合い息抜きをしていた。
しかし、ある日気づく。
「子供っぽい顔」こそが作りものであることに。
そして「恋」をしていることも解ってしまった。

心と体の変化が著しい14歳という時期。
それは「異性」ヘの感情の変化も起きてくる。

彼方と和樹は「恋」を自覚してからそのことに徐々に気づいてくる。
いくら大人びていても初めて経験することに対応しきれず思い悩む。
発現し始めた「性」に驚かされる。
「恋人」になることに手探りな二人に懐かしさを感じる人もいるのではないか。

1巻ではプライドが肥大化したまさしく「中二病」をこじらせている長井。
そんなの百も承知とばかりに、長井の心のなかにズカズカ入ってくる、女性教師日野原。

彼方と和樹をずっと見ているクラスメイトの志木葵の秘めたる好意と感情。

この3人が彼方と和樹に違うベクトルから影響を与えていきます。
一足早く大人への変化を始めてしまった「14歳」
その「恋」は不安定で生々しく感情を揺さぶる。

あの頃のドキドキが心の奥底から沸き上がってきますよ!
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

量産型砂ネズミ

Author:量産型砂ネズミ
アラフォーオタ。人生快楽に費やす人間です。マンガ、特に4コマとかを好んで読んでいます。サイン会、同人イベントもチョコチョコ参加しています。

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。