絶賛!巣篭もり中!

インドアヲタクの日々です。主に4コママンガなどの感想などをつらつらと書き連ねていきたいと思います。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南極人サスサススールに心を奪われる セントールの悩み 5巻 村山慶先生 感想

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

ケンタウロス娘の姫が主人公の作品「セントールの悩み」5巻が発売になりました。
独自に進化したデミヒューマンがいる、実際の世界と近いようで遠い社会のお話です

セントールの悩み5巻

4巻から本格登場した、南極人ケツァルコアトル・サスサススール、通称スーちゃん可愛いですね。
表紙を姫と共に飾っていますが、蛇というイメージを覆す可愛いキャラになっています。
5巻では同じ南極人の親友と喫茶店で会うというエピソードがあり、作品世界での南極人のコミュニケーションを描いています。
実際に南極人どうしのやり取りをみると言う演出が面白いですね。
そしてまた、一般の人の南極人に対するイメージも要所要所に描かれていて、世界観の一端を読み取ることもできます。
この辺は現実世界にもある「無知からの恐怖」ですね。
もともと伏線を貼られていた南極人というイメージを覆し、ここまで可愛いキャラにしてくるとは、村山先生すごいです。

セントールの悩み5巻

今回姫が多いに悩みます。
学生としての悩みと種族としての悩みが入り混じった悩み。
タイトルに偽りなしです。
「セントールの悩み」の世界観をエピソード中に巧みに入れ込んで行くことにより、徐々に作品世界の現実を読者にわからせて行く手法大好きです。
新刊が出るたびに1巻から読み直したくなるんですよね。

キャラクターの可愛さ、魅力も健在。スーちゃんのエピソード以外にも、姫の親友、角人少女の名楽羌子と兄さんのブラコンエピソード、姫の年下の従姉妹しののクリスマスのエピソードと胸熱のエピソードが満載です。

「セントールの悩み」で自分がたまらない点は村山慶先生による具体的な世界設定です。
それは種族の生活レベルの設定から、社会情勢、歴史などなど。
作品を読むとこの世界はディストピアの一面が色濃くあります。
5巻の最初のエピソードと最後のエピソードはそれについて詳しく語られています。

セントールの悩み5巻

電車内で姫に差別発言をした義母に対して嫁さんが心の中で思っていることです。
これ、人としての良心だけからくる考えでは無いんですよね。
この辺りの世界設定を考えると結構怖いものもあるんです。

東京マンガラボで村山慶先生がインタビューを受けているので、これを読むとさらに作品の面白さがわかるようになります。
東京マンガラボ第11回村山慶先生インタビュー
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

量産型砂ネズミ

Author:量産型砂ネズミ
アラフォーオタ。人生快楽に費やす人間です。マンガ、特に4コマとかを好んで読んでいます。サイン会、同人イベントもチョコチョコ参加しています。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。