絶賛!巣篭もり中!

インドアヲタクの日々です。主に4コママンガなどの感想などをつらつらと書き連ねていきたいと思います。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まるっと卒業「せんせいのお時間」12巻 ももせたまみ先生 感想

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

連載16年で完結を迎えた「せんせいのお時間」12巻が発売になりました。

せんせいのお時間 12巻


連載当初は「コギャル言葉」なんかも作中に登場していました。
「チョバリバ」「チョベリグ」「超MM」なんて言葉が流行りましたなー。

作品の終わりもいつもの「せんせいのお時間」次回をお楽しみに!と書かれていても不思議ではない終わり方。
いつもの面々がいつものテンションで笑いながら終わって行きました。

そして描きおろしでは同窓会ネタ。
それもいつもの「せんせいのお時間」

16年間続いた「せんせいのお時間」
以前にもちょこっと描いたのですが、みか先生の「2-A」進級して「3-A」はまさしく楽園でした。

生徒の「個性」をみんなが尊重しているという、素晴らしい環境。
初期にはオタクである渡部を蔑むネタに有りましたが、徐々に「同人創作に頑張る男、しかも可愛い後輩の女の子に慕われるオマケ付き(渡部もげろ)」というオタク的リア充にめぐまれ、同人活動を理解されるうえにクラスメイトの小林はアシスタントをかってでるまでに。
北川のみか先生に対する気持ちと、末武に思いを寄せる工藤の気持ち。共に同性愛でありながらそれをオープンにしても受け入れるクラスメイト。
成績が悪い小林、末武もそれはそれで別にいいところを認めるみんな。
女好きか軟派キャラから華麗なる女装趣味のキャラへと転身した関、それをドS富永が攻める攻める。

人の持つマイノリティな個性を受け入れてくれる教室。
「せんせいのお時間」が長期連載で最後まで人気を持ち続けた理由の一つだと考えています。

ももせ先生は下ネタをかなり入れてくるのですが、「せんせいのお時間」は他の作品に比べると生々しさがなかった気がしますね。
「ももいろシスターズ」などと比べるとファミリー4コマ誌という掲載場所を意識したのかなと思います。
主人公のみか先生自身に艶っぽいネタがあまりなかったのも、ライトな下ねたと感じる一因かもしれません。

今隆盛を誇る「萌え4コマ」に道筋をつけた作品の一つですし、自分にとっても「4コマ漫画」に一石を投じた作品でもあります。

父親が読んでいた、植田まさし先生の「かりあげくん」→姉が読んでいた、森下裕美先生の「ここだけのふたり!」山科けいすけ先生の「SENGOKU」(ご夫婦の作品にはまっていた)ときて自分から興味をもって読み始めたのがももせ先生の作品でした。(同時期にみずしな孝之先生、後藤羽矢子先生なんかも)

「ここだけのふたり!」「SENGOKU」から再び4コマ作品を読むようになったきっかけの作品でもありました。

それだけに「せんせいのお時間」完結は感慨ひとしおです。

現在「まんがライフMOMO」では新連載「私設花野女子怪館」が掲載されています。
こちらも期待大です。

今回は特装版も出たのですが、これがまた読み応えありますよ。

せんせいのお時間 12巻

執筆者がこんな感じ。

せんせいのお時間 12巻

豪華豪華!


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

量産型砂ネズミ

Author:量産型砂ネズミ
アラフォーオタ。人生快楽に費やす人間です。マンガ、特に4コマとかを好んで読んでいます。サイン会、同人イベントもチョコチョコ参加しています。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。