絶賛!巣篭もり中!

インドアヲタクの日々です。主に4コママンガなどの感想などをつらつらと書き連ねていきたいと思います。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールスタープロジェクト!「戦国妖狐」12巻 水上悟志先生 感想

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

水上悟志先生の「戦国妖狐」12巻発売になりました。

戦国妖狐12巻

無の民との決戦に集約されていくストーリーが進んでいきます。

千夜はあの野禅に会い事の真相を聞き決意を固めます。
無の民は千夜を使い自分たちの振りかかる悲劇を回避するため、その手段として「闇の軍勢」を作りげていきます。

決戦を予感させる12巻は「戦国妖狐」のオールキャストがそれぞれの決意を持って行動を開始します。
表紙に登場している暑苦しい師弟、道錬とムド。この二人が師弟巻家を結ぶエピソードは緊張感のあるストーリーの中思わず吹き出してしまう笑撃。
この熱血師弟も無の民との戦いに参戦。

万象王を手に入れた無の民は闇の軍団を作るために無差別に闇を支配下に置きます。
その中には真介と深い関わりのあるあの娘も・・・・。

千夜にも無の民にもそして迅火を救おうと奮闘するたまにも、枷がそれぞれかけられている事がわかり、それが読む側に緊張感を与えます。

また、それとは対象に真介は人と闇との関係に一つの可能性を体現してくれます。

戦国妖狐のオールスターが集まり、クライマックスを予感させてくれるストーリーに胸踊る1冊です。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

量産型砂ネズミ

Author:量産型砂ネズミ
アラフォーオタ。人生快楽に費やす人間です。マンガ、特に4コマとかを好んで読んでいます。サイン会、同人イベントもチョコチョコ参加しています。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。