絶賛!巣篭もり中!

インドアヲタクの日々です。主に4コママンガなどの感想などをつらつらと書き連ねていきたいと思います。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勇気のち恋「愛しの花凛」1巻 堀泉インコ先生 感想

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

堀泉インコ先生の初コミック「愛しの花凛」1巻が発売になりました。

愛しの花凛 1巻

人と話すより花の世話をしている方が心の落ち着く青年、花ヶ崎豊。
彼は遊園地で花壇の世話をするバイトをしている。
そんな彼の心を動かす人が。
遊園地のマスコットキャラクター「めるんちゃん」を演じている女性。

彼女と遅番が一緒の日、同じバスに乗るのを楽しみにする豊、しかし、生来の引っ込み思案のため声をかけることはできない。

ある雨の日本来シフトの違うめるんちゃんが同じバスに。
彼女は傘を持っていないし、風邪をひいてる。
そんな彼の姿を見て豊はあらん限りの勇気を振り絞り声をかける!

と、恋愛作品の王道の展開から始まるストーリーだが、秀逸なのはここから。
傘を渡した瞬間に意識が途切れ、次の瞬間には何故か彼女の部屋で寝ていた豊。

豊同様「?」になること請け合い。

そして、初めてめるんちゃんの名前が「河合花凛」と知る豊。しかも20歳の自分より3歳も年下。

女の子との付き合い方の経験値がない豊が花凛に翻弄されると思いきや、花凛の方も豊を意識して仲が悪くなった時に悶々と悩んだりと、純愛路線まっしぐら。

まぁでも、恋愛スペックの低い豊は、年下の花凛との付き合い方に不器用になるんですけど。
それすら、花凛の心に響いてきてしまうので、読んでいて何故か歯ぎしりが(笑)

「花」をきっかけに家に行ったり、メールアドレスの交換で悶々としたりと、初々しい恋模様が眩しいくらいです。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

量産型砂ネズミ

Author:量産型砂ネズミ
アラフォーオタ。人生快楽に費やす人間です。マンガ、特に4コマとかを好んで読んでいます。サイン会、同人イベントもチョコチョコ参加しています。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。