絶賛!巣篭もり中!

インドアヲタクの日々です。主に4コママンガなどの感想などをつらつらと書き連ねていきたいと思います。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深々と迫ってくるミリテリー開幕「白暮のクロニクル」1巻 ゆうきまさみ先生 感想

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

ゆうきまさみ先生の10年ぶりの完全新作「白暮のクロニクル1巻が発売になりました。

白暮のクロニクル 1巻

不老不死の種族「オキナガ」が存在する世界。
この種族は厚生労働省により管理されていた。

新人公務員の伏木あかりは保健所での研修中に殺人事件に遭遇する。

白暮のクロニクル 1巻

被害書は「オキナガ」であった。
現場を訪れた厚生労働省参事竹之内の目に止まり「夜間衛生管理課」(やえいかん)へと配属に。

そして夜間衛生管理課に協力している「オキナガ」雪村魁を紹介される。
若い姿と裏腹に彼は88歳の年齢を重ねている人物であった・・・。

白暮のクロニクル 1巻

ゆうきまさみ先生の作品らしく、謎は断片的に少しづつ読者に提示されていきます。
事件を解明するピースが揃うのに比べて事件の謎が広がっていくのが早く、あかりと同じく読んでいる方も混迷を深めていきます。
読んでいて感じたのは作品の社会や登場人物から漏れてくる「嫌悪感」
それは「オキナガ」に対するものだけではない気がします。
大多数の人に共有され組織に溶けこんでいったなにかおぞましもの。まだ1巻目ですがそんな空気感を作品から感じ取ってしまいました。
まぁそこはゆうきまさみ作品。こちらの思惑を手のひらで転がしてくれてるのではないかともね。


事件の中心にいるであろう雪村魁。彼に関わった伏木あかりも何やら因縁がある模様。
この辺りは嫌が上でも興味を惹かせてくれます。

凄惨でグロテスクなシーンや会話がありますが、そこはゆうきまさみ作品、ギャグやコメディを織り交ぜ読んでいても嫌な気分のままではいさせません。

この先も一筋縄ではいかないストーリが待ち受けていることうけあいですね。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

量産型砂ネズミ

Author:量産型砂ネズミ
アラフォーオタ。人生快楽に費やす人間です。マンガ、特に4コマとかを好んで読んでいます。サイン会、同人イベントもチョコチョコ参加しています。

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。