絶賛!巣篭もり中!

インドアヲタクの日々です。主に4コママンガなどの感想などをつらつらと書き連ねていきたいと思います。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希望と絶望が交差する物語 「パンデモニウム-魔術師の村-」1巻 柴本翔先生 感想

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

今回は書店でジャケ買いをした作品の感想です。

「WEBイキパラCOMIC」で連載されている
柴本翔先生の「パンデモニウム-魔術師の村-」1巻です。

パンデモニウム 魔術師の村 1巻

いわゆる「人間」がでてこないファンタジー作品です。
2色刷りで装丁も見応えがある作品となっています。連載時は日英版同時公開だったようですね。WEB連載というのは色々なことに挑戦できます。
この作品、2ヶ月連続刊行で一気に完結まで読めるのもWEB連載というのが大きいのでしょうか。

ストーリーは。

“真っ直ぐな雷”により汚される大地

パンデモニウム 魔術師の村 1巻

“真っ直ぐな雷”は破壊するだけでなく、その後に「毒」を残し人々を犯し続ける。
“真っ直ぐな雷”を落とすものは“空に潜む者達”と言われていた。しかし、“彼ら”の事は何もわからなかった。ただなされるがままに人々は脅威にさらされていた。
…何時からか、ある噂が流れるようになった。とある海岸沿いの街より北上して数十キロにある“異形の土地”そここそかの“空に潜む者達”の巣であると。

パンデモニウム 魔術師の村 1巻

こんな絶望にあふれた世界を、ある目的のために難路を踏破する男ジファー。

パンデモニウム 魔術師の村 1巻

彼の背中に背負われた鉄の箱は、ジファーの生きる希望であったものであり、今絶望を与えているものであった。

しかし、ついに力尽き意識を失う。その寸前に花の香とともに声を聞く。
…意識を取り戻したジファーは異形の住人にいる村にいた。この村こそジファーが目的としていた“魔術師の村”であった。

パンデモニウム 魔術師の村 1巻

世界も、ジファーも「絶望」を抱える導入部。1巻全体にこの「絶望」を払拭させる「希望」があると信じていることが大きいウェイトを占めている。
しかし、この「希望」が絶望からの逃避的に生まれたものであるのが、読んでいくとわかる。そして、「希望」がさらなる深い絶望を生み出していくことも。

ジファーとともに物語の主人公を飾る女性ドミーカ

パンデモニウム 魔術師の村 1巻

ジファーに同情して彼の世話をします。「魔法」を使いジファーの傷を治療して、また食事も作り出します。それ故ジファーは「魔法」の「希望」を信じてしまうのですが…。

終盤にかけて村の中で参事が起きます。その中を駆け抜けるジファーの過去と現在の去来が心を揺さぶります。
ジファーの行動原理からはエゴイズムを感じます、しかしながらこれは誰しも持っているだろうエゴイズムであり、語られるジファーの過去と合わさることにより、心迫るものに昇華されていきます。

更に村には「希望」を信じている者達が迫ってきてもいます…。

完結編となる2巻は今月末発売です。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

量産型砂ネズミ

Author:量産型砂ネズミ
アラフォーオタ。人生快楽に費やす人間です。マンガ、特に4コマとかを好んで読んでいます。サイン会、同人イベントもチョコチョコ参加しています。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。