絶賛!巣篭もり中!

インドアヲタクの日々です。主に4コママンガなどの感想などをつらつらと書き連ねていきたいと思います。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

Entries

「妖怪ハンター」復刻版も出たよ「妖怪ハンター 稗田の生徒たち(1) 夢見村にて」 諸星大二郎先生 感想

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

諸星大二郎先生の「妖怪ハンター」シリーズ最新作「妖怪ハンター 稗田の生徒たち(1) 夢見村にて」が発売になりました。

稗田の生徒たち 1巻

シリーズの主人公である稗田礼二郎は今回脇役。タイトルに有る通り彼の教え子がメインを貼っています。

今回収録されている作品は2本。

「夢見村にて」は「天孫降臨」シリーズの天木薫が“夢買い村”へ実地調査に向かい、そこで彼自身が夢の交換という不思議な体験をします。

「悪魚の海」は「うつぼ船」で登場して以来度々シリーズで主役を張っている大島潮と渚のコンビ。今回も「海」にまつわる闇に遭遇します。

稗田の生徒たち 1巻

稗田先生はほとんど出てきません。それでいて読み終わると「妖怪ハンター」だったなと感じさせてくれます。

「妖怪ハンター」を読んでいると「境界」の曖昧さからいつの間にか闇の領域に踏み込んでいる感覚に落ちていくのですが、特に「夢見村にて」は顕著で薫が夢と現実、交換された夢、盗まれた夢、と読んでいて幻惑されていきます。

「悪魚の海」は諸星大二郎版「インスマウスの影」でしょうか。人と妖怪の境界が曖昧になって行く作品。そして、禁忌を犯しながら富を得る人の「闇」が描かれています。

両作品とも踏み込んではいけない「闇」と人の心の「闇」が重なり取り返しの付かない事態になってしまうという救いのない展開ではあります。
それでも作品の要素にはコメディ成分も含んでいて、特に大島潮と渚はシリーズを重ねているため、軽い成分がより効果的になっています。

諸星大二郎先生は伝奇作品だけでなくギャグも描いていて、自分は先生のギャグセンスも大好きです。「ど次元」とか面白いですよ。

今月は更に「ウルトラジャンプ」付録で「妖怪ハンター」復刻版も付きます。

稗田の生徒たち 1巻
「妖怪ハンター」初シリーズの一冊。
フィギュア化もされるヒルコや

稗田の生徒たち 1巻

映画化もされ、「みんなぱらいそさいくだ!」というインパクトの有るセリフが出てくる「生命の木」が収録されています。

稗田の生徒たち 1巻

そして1974年第7回手塚賞をとった「生物都市」これは中学時代読んで衝撃を受けました。1974年にこれを投稿している諸星大二郎先生のスゴさですよ。
去年原画展が池袋であったのですが、全く色あせてないこの当時の原稿の数々に感動しました。

是非読んで欲しい作品です。
スポンサーサイト

Comment

俺はヤンデレ寄贈魔!! 

京都国際マンガミュージアム三階のマンガの壁に置いてある漫画「妖怪ハンター稗田の生徒たち(1)夢見村にて」は俺が寄贈したものだ!!。すごいだろう?。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

量産型砂ネズミ

Author:量産型砂ネズミ
アラフォーオタ。人生快楽に費やす人間です。マンガ、特に4コマとかを好んで読んでいます。サイン会、同人イベントもチョコチョコ参加しています。

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード