絶賛!巣篭もり中!

インドアヲタクの日々です。主に4コママンガなどの感想などをつらつらと書き連ねていきたいと思います。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

Entries

和太鼓とシスターと友情と「和太鼓✝ガールズ」 1巻 すたひろ先生 感想

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

すたひろ先生の新作「和太鼓✝ガールズ」が発売になりました。

和太鼓ガールズ 1巻

八方美人(自覚あり)で優等生であることを目的としている少女松沢環。

和太鼓ガールズ 1巻

幼少期に大人がチヤホヤしてくれるので音楽もやっていたが、とあるシスターが言い放った一言

和太鼓ガールズ 1巻

この一言で環は音楽を捨てた。

そして、高校進学と同時に部活勧誘である「音」を聞く。
心臓が持ち上げられるような音の正体は和太鼓。
そして、それを出していたのはシスターマリア。

和太鼓ガールズ 1巻

再び彼女は音楽と出会った。

和太鼓というあまり馴染みのない楽器をきっかけに友情と青春を描いたこの作品。
弱小部活動がメンバーを増やしながら困難を克服していくという王道路線ですが、和太鼓というのがやはり面白い。とにかく和太鼓の演奏シーンが環ならずとも迫力がビリビリ伝わってきます。

その1話で演奏しているのがシスターというのもインパクト大。
和太鼓初心者である環と同じであろう読者に魅力が伝わりやすく描いているのも楽しいですね。

もう一人の主役、シスターマリアは声と記憶がありません。彼女が気持ちを伝える時は行動と表情で喜怒哀楽を表現します。特に彼女の大部分を占める和太鼓を使った時の伝え方はドラマとしても大きく盛り上がります。環が和太鼓部に入る決意をする時のシーンは素晴らしかったです。

環やマリア達を後ろから支えるシスターニッチェ。
すたひろ作品でこの顔は曲者ですね〜。
環に音楽を辞めるきっかけの言葉を投げかけた人物であり、再び音楽をする事の後押しもします。和太鼓部の手助けをしますが、入り口を教えるだけで「あとは自分らでなんとかしな」というスタンスが良いです。

和太鼓ガールズ 1巻

和太鼓部のハードルとなって立ちふさがる生徒会長の御園麗華。

和太鼓ガールズ 1巻

これまた一筋縄でいかないキャラクター。
大財閥のお嬢様で部員、実績のない和太鼓部に廃部勧告をするのですが、単なる「嫌なキャラ」ではないのですね。堂々たる態度に魅力があります。
環の取り巻きでマリアに嫌がらせをした同級生は「嫌なキャラ」をストレートに感じるのに、和太鼓をできなくするという事を麗華はしようとしているのに、「嫌なキャラ」ではなく魅力を先に感じます。

和太鼓ガールズ 1巻

「大人の望む自分の」という殻を飛びだし和太鼓を手に取った環。全身で和太鼓を楽しむマリア。彼女たちの和太鼓に挑む青春がどうなっていくか楽しみです。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

量産型砂ネズミ

Author:量産型砂ネズミ
アラフォーオタ。人生快楽に費やす人間です。マンガ、特に4コマとかを好んで読んでいます。サイン会、同人イベントもチョコチョコ参加しています。

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード