絶賛!巣篭もり中!

インドアヲタクの日々です。主に4コママンガなどの感想などをつらつらと書き連ねていきたいと思います。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族を想う1冊「弟の夫」1巻 田亀源五郎先生感想

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

田亀源五郎先生の新刊「弟の夫」1巻が発売になりました。
世界的ゲイアーティストである田亀先生の一般向けコミックスです。出版社も一般向けを強調しますね。

弟の夫 1巻

弥一と夏菜、父と娘の二人で暮らす家庭にある訪問者が。緊張した顔の弥一。

弟の夫 1巻

訪問者はカナダ人マイク・フラナガン。弥一の弟と同性結婚した人物でした。

弟の夫 1巻

弟の夫にどうして良いかわからない弥一に対して、新しいおじさんの訪問をそのまま受け入れる夏菜。

弟の夫 1巻

そして、すでに亡くなっている弥一の弟であり、マイクの夫リョージに対する気持ちが兄と夫両面から描かれています。

ゲイであることをカミングアウトして、10年前に日本から出て行ったリョージ、彼が同性婚をしたことそして夫であるマイクに対し隔意を抱いてしまう弥一。夫として家族としてリョージを語るマイクの言葉で心の奥底に留めていた感情が蘇っていきます。

もう一つ弥一の心に変化を与えてくれるのが、娘の夏菜の言葉。
同性婚やマイクの存在にたいして、ストーレートかつ、別角度から疑問を弥一にぶつけ、弥一に考えるきっかけを与えてくれます。

弟の夫 1巻

弟の夫 1巻

同性愛、同性婚を考えた事のない夏菜の言葉に、マイクの存在に理解をしていく弥一。
しかし、同性婚に対しての理解や共感だけが描かれているわけではありません。家族に同性愛者がいるという「恐怖」マイクや夏菜により、理解する方へ傾いた天秤も、自分の中の同性愛への嫌悪の感情や、世間の目を意識する事により、反対の方へ傾いてしまう。
弥一の揺れ動く天秤がこの作品の肝ですね。

元々、同性婚の知識を持たない読者を意識している作品なので、弥一、マイク、夏菜のキャラ配置が絶妙です。同性婚を説明しつつ、ドラマを作り上げていくのは流石だと思います。
「夫」の事のマイクが夏菜に説明するシーンは目から鱗でした。

作中すぐにマイクを受け入れた夏菜にも、両親が離婚した子供という事で描かれています。
同性婚を含んだ「家族」について描かれている作品です。

ネットでは知名度が先行している感のある田亀源五郎先生、漫画家としてのストーリーテラーを感じる事ができますよ。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

量産型砂ネズミ

Author:量産型砂ネズミ
アラフォーオタ。人生快楽に費やす人間です。マンガ、特に4コマとかを好んで読んでいます。サイン会、同人イベントもチョコチョコ参加しています。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。