絶賛!巣篭もり中!

インドアヲタクの日々です。主に4コママンガなどの感想などをつらつらと書き連ねていきたいと思います。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペースオペラの金字塔が藤崎竜の手で紡がれる「銀河英雄伝説」 1巻 原作田中芳樹先生 漫画藤崎竜先生 感想

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

スペースオペラの金字塔、田中芳樹先生の「銀河英雄伝説」が藤崎竜先生の手で新たにコミック化されました。

銀河英雄伝説 1巻

道原かつみ先生版の完結を受けて新たに藤崎竜先生の手による「銀河英雄伝説」が開幕です。

小説だとアスターテ会戦から始まる「銀河英雄伝説」ですが、藤崎竜版では外伝作品のエピソードも取り入れ再構成しています。

ラインハルト、キルヒアイス、アンネローゼの出会いから、フリードリヒ四世の後宮に召し上げられるアンネローゼとの別れ、ラインハルトの野望への決意を丁寧に描いています。

銀河英雄伝説 1巻

銀河英雄伝説 1巻

銀河英雄伝説 1巻

藤崎竜版「銀河英雄伝説」大きな特徴はキルヒアイス視点で物語が語られることが多いということ。
更に藤崎キルヒアイスはまだまだ少年ということもあるのですが、完璧超人ではありません。
原作小説、アニメ版、道原版との差別化、新たな「銀河英雄伝説」のイメージをこれで確立したと個人的には思います。

銀河英雄伝説 1巻

銀河英雄伝説 1巻

ラインハルトからの誘いに対するこのキルヒアイスの表情。このシーンは藤崎竜銀英伝のカラーを決めてると思います。

もう一つ、藤崎竜銀河英雄伝説は、ラインハルト、ヤン陣営と対立するキャラをかなり負の感情を刺激するキャラ造形にしています。

アンネローゼを見出し後宮に入れるきっかけをつくった宮内省役人コルヴィッツ

銀河英雄伝説 1巻

エル・ファシルでのアーサー・リンチ少将

銀河英雄伝説 1巻

そして、銀河帝国皇帝フリードリヒ四世

銀河英雄伝説 1巻

特にフリードリヒ四世は超越した部分のあるキャラとしてのイメージが合ったのですが、藤崎竜版では生理的嫌悪感を抱かせるほどのキャラ造形。
ラインハルトが憎悪を向けるにふさわしい醜悪さを感じます。
1巻ではこの一コマだけはっきり表情がわかるのもまた憎らしい演出です。それまではシルエットや逆光ではっきりと見えないのですが、これがラインハルトと皇帝との距離を感じさせるのです。幼年学校を卒業したばかりのラインハルトには、フリードリヒ四世もゴールデンバウム王朝もいまだ超克するには力が足りないと。

いままであまり触れてこなかった幼年学校での生活も細かい所まで描き、かつ、銀英伝ファンならぐっとくる台詞を入れ込んだりと憎い演出です。

メカニックなどはアニメ設定を踏襲しつつも、新たな銀河英雄伝説を描き上げた藤崎竜版、人気キャラも次々出てくる今後の展開楽しみです。

それと、ラインハルトと同期であるという設定をここまで活かしてきたかと驚いたのがイザーク・フェルナンド・フォン・トゥルナイゼンの登場。

銀河英雄伝説 1巻

後々宇宙艦隊総参謀長に「声は遠くにとどくのに、目は近くのものしか見ない。忌避すべき輩ですな」と一刀両断される。トゥルナイゼンくん。将来を予見させる浅慮を見せて笑いを誘ってくれます。
まさかコマぶち抜きで登場する好待遇で登場するとは思いませんでした。

銀河英雄伝説を中学生の頃に読み、自分の人生に少なからず影響を与えたこの作品を、30年近くたって新たな作品として読める。至福と言わずしてなんという。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

量産型砂ネズミ

Author:量産型砂ネズミ
アラフォーオタ。人生快楽に費やす人間です。マンガ、特に4コマとかを好んで読んでいます。サイン会、同人イベントもチョコチョコ参加しています。

最新記事

カレンダー

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。