絶賛!巣篭もり中!

インドアヲタクの日々です。主に4コママンガなどの感想などをつらつらと書き連ねていきたいと思います。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロ漫画家までの道が赤裸々に「漫画アシスタントの日常」2巻 大塚志郎先生 感想

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

プロ漫画家、雑誌連載を目指すアシスタント五百住志歩(よすみしほ)とライバルで一足早くデビューした高橋翔子この二人を中心にした漫画アシスタントのリアリティある姿を描いた作品「漫画アシスタントの日常」の完結2巻が発売になりました。

漫画アシスタントの日常 2

2巻ではアシスタントの仕事以外にも同人イベントやアシスタントの家探しのエピソードも描かれています。
特に同人イベントについてはこの作品自体が同人誌から商業連載へつながったこともあり、エピソードタイトルも「副業」とつけられています。
描かれているイベント名は創作イベント「オリティア」わかる人にはすぐわかりますが「コミティア」の事ですね。作品発表の場として読者だけでなく、出版社へのプレゼンの場として描かれています。そして「副業」とありますが作中でプロが同人誌イベントに参加するにあたっては「赤字を出さないことが重要である」というのが大塚先生自身の経験談からくるのかなとも。
サークルスペースの設置なんかも細かいところを描いていて面白いです。

漫画アシスタントの日常 2

物語は進みアシスタント技術を順調に上げていくシホですが大きな壁にぶつかります。「私じゃなくてなんであいつが?」というやつですね。闇堕ちギリギリまでいってしまうシホの顔がもうね。

漫画アシスタントの日常 2

シホのこの状態、何も漫画家だけの話ではないので闇堕ちの不毛さと恐ろしさは読んでいて胃が痛くなりました。
この回で触れられている雑誌のアンケートも最近は廃止するところも出てきて、ある編集長が作中で語られている通り、身内票で順位が変わるアンケートに意味はないとSNSで発言したりしています。この辺りもリアリティがありますね。

シホがアシスタントからプロデビューしアシスタントを使う側になったエピソードもシビアです。

漫画アシスタントの日常 2

自分の思い通りに仕事をしないアシスタントにイライラするシホがその原因に気づく場面です。シホがこれに気づいたシーンでアシスタントからプロ漫画家に脱皮した印象を受けました。

漫画家のなり方は一つではないしそこに至る道はいくつもあります。さらにプロ漫画家になることが到達点ではないということを何度も作中で語っています。漫画家が漫画家でいられなくなる事なんかざらにあるよと何度も語られているのが読者側からでも感じるリアリティでしょうか。好きだった漫画家さんがいつの間にか商業誌からいなくなったせつなさ、何度も経験してますよ。

大塚志郎先生の経験が色濃く出ている「漫画アシスタントの日常」、漫画家という仕事を思わぬ視点から見せてくれてラストまで面白く読めました。

そして主人公五百住志歩がまだアシスタントになる前の高校3年生時代を描いた作品「びわっこ自転車旅行記」が「まんがライフMOMO」で連載中です。この作品も「漫画アシスタントの日常」同様、同人誌から商業コミックそして雑誌連載という流れの作品です。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

量産型砂ネズミ

Author:量産型砂ネズミ
アラフォーオタ。人生快楽に費やす人間です。マンガ、特に4コマとかを好んで読んでいます。サイン会、同人イベントもチョコチョコ参加しています。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。